『まちに活力、福祉の充実へ』

◎調布市の人口は?

昨年10月1日現在の人口は約 23万5,000人。平成20年の約21万8,000人から10年で、約17,000人増加しました。このうち、年少人口(0~14歳)は、約2,600人増、生産人口(15~64歳)は、約3,300人増、老年人口(65歳以上)は、10,500人増となっており、65歳以上の高齢化率は、18.2%から21.4%へと上昇しています。

戦後ベビーブーム団塊の世代の65才以上の方々が、後期高齢者(75才以上)となる平成37年(2025年)には22.2%、平成77年(2065年)には、39.7%まで増加すると見込まれています。

◎調布市の財政は?

平成31年度一般会計当初予算額(案)は、約918億1,000万円、前年度対比では約7億3,000万円、0.8%減となっています。歳入では、根幹となる市税収入は、3.5%増の 約467億7,000万円と全体の約51%を占めています。

調布市は、平成30年度の国の地方交付税の算定において、昭和58年(1983年)以降、36年連続して不交付団体です。全国1,718の市町村では、77団体(4%)、都内39市町村では10団体が対象となっており、自主・自立的な経営が求められています。

◎あすの調布に向けて

1 未来を担う子ども達のために

・妊娠、出産、産後ケアから安心して子どもを産み育てられる環境づくりの充実を図ります。

・STOP!虐待防止に向けた取り組みを強化します。

・待機児童ゼロ!保育園、幼稚園、学童クラブへの更なる支援を拡げます。

・災害時には避難所としても利用される小、中学校体育館へのエアコン設置を進めます。

2 高齢者、障害者の暮らしに安心を

・在宅においても安心して生活が続けられるように、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービス

 等様々なサービスが包括的、継続的に提供できる地域包括ケア体制の整備を促進します。

・地域包括支援センターの機能、役割を強化すると共に、地域で高齢者を見守り、支える取り組み

を進めると共に、通所、訪問型の介護予防・生活支援サービス等の充実を図ります。

・障害者差別解消法の趣旨の下、地域で安心して生活できる環境づくりと、障害福祉サービスの

充実を図ります。

3 産業振興、まちの賑わいを福祉の力へ

・企業誘致、市内中小、零細事業者の支援を商工会と共に積極的に進めることで、市内経済の活

性化を図ります。

・まちの顔 コミュニティの担い手でなる商店街を活性化させることで、地域の安心、安全、利便性向

上を促進します。

・魅力溢れるまちづくりを進め、働き盛りの世代(生産年齢人口)の定住率を確保すると共に、市内

経済の活性化を図ることで、得られる安定した税収を積極的に市民福祉の充実に振り向けます。



○林 あきひろ プロフィール

《経 歴》  熊本市生まれの東京育ち 58歳 

調布市商工会青年部部長、(社)調布青年会議所理事、調布市社会福祉協議会評議員他

《現 在》  平成7年  市議会議員初当選   現在5期目(平成25年~27年 市議会議長) 

議会運営委員長 総務委員会委員 東京都6市競艇事業組合議会副議長 他

自由民主党調布総支部副総支部長、調布市商工会理事、調布地区防犯協会参与、調布サッカー協

会顧問  調布市サウディアラビア友好会会長 他